携帯電話で撮影した画像を併用しながら「つらつら」と書き綴る日記帳です。表示文字サイズ『中』で作成しています。


by myhana46

麻衣子の舞妓姿(笑)

b0021699_328230.jpg
友人Mと一緒に、舞妓コス(プレ。普通に舞妓変身言えよ、自分(^^;))して来ました。
銀閣寺近くの「哲学の道」をこの格好で散策してたら、外国人観光客に相次いで捕まり、カメラのフラッシュ攻めに遭いました(^^;)
お店の人に、「写真撮影を頼まれたら、これは舞妓変身ですので、本物ではありませんと断りを入れて下さい」と言われてはいたものの、「どうせ声なんか掛けて来ないよ(笑)」と思ってたら、5歩歩いては声を掛けられ、写真。川の向こうからもフラッシュが光るし、最後らへんは日本人の大学生グループにまで声を掛けられ、一緒に写真を撮りました(爆笑)
舞妓さんは手を見せないらしく、お店の中で撮影した時も、手を袖の下に入れる様指示されました。
だから、良く見えないだろうけど、ちゃんと袖の下に手を隠してます(笑)
それにしてもこの白塗り、凄かったよな~?(^^;)
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 03:39 | 面白い!

お花?

b0021699_3262258.jpg
銀閣寺に在った、南天の木の実を撮影しました。
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 03:26 | お花

とにかくデカいっ!

b0021699_3191450.jpg
平安神宮の大鳥居!
遠くからでも良く見える、とにかく大きな鳥居です!
鳥居に近付くちょい手前から、この鳥居と同じ朱色のペンキが、何故か点々とこぼれてました(笑)
誰だ?こぼしたのわ(^^;)
大きさ比較をすると、実は鳥居の向かって右の柱の左内側に、赤い軽自動車が停まってるんだけど、判ります?
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 03:24 | 景色
b0021699_2341490.jpg
北野天満宮にて。
この牛の像が可愛かったので撮影してたら、知らないおじいさんが、
「どうもありがとうございます!」と言いながら、ふかぶかと頭を下げ、お辞儀された。
そして、「この像を、斜め右側から見て下さい。」「次に斜め左側から見て下さい。」と言い、「どう見えました?」と聞かれたので、「向かって右側の目は細く、左側は大きいです」と答えると、「この牛はみなしご牛で、右側の目は怒りを表し、左側の目は優しい目をしています。」と教えて下さいました。
ちなみこの牛の像、受験生には有名な像で、自分のこめかみに指を当て、その指をこの像のこめかみに当て、氏名、生年月日、志望校を言い、お願いすると受かるのだそう。
「但し、ライバルがそばに居る時は、声に出してゆうたらいけません、ライバルが増えちゃうからね?」とおじいさん(笑)

b0021699_2342572.jpg
友人Mと命名した、「ピカチュウ」牛(笑)
しかしこの牛さん、両目が真っ赤なのだ!
どうしてなのか尋ねると、おじいさん曰く、「この牛は、菅原道真公をお運びする牛だったんだけど、道真さんは太宰府に流されてしまうでしょ?他のご主人様が次々に帰って来るのに、私のご主人様だけが帰って来ない!きっと、私がまばたきをしてしまったので、ご主人様はお怒りになっているのだ!と思った健気なこの牛は、帰って来ることのない道真公を、まばたきをせずに待ち続け、そのまま死んでしまったんですね?だから目が充血してしまって、赤いんです。」とのこと。
実はこのおじいさん、ちょっとした有名人で、皇室関係の方々から「御爺」と呼ばれてる方らしく、天皇陛下にお声を掛けられたことがあるのだそう。毎日ここにお参りに来られてるそうで、この日は一緒にお参りしました。新撰組の「誠」の文字のモデルとなった文字が刻まれた額の説明(思わず見逃してしまう様な場所に在りました!)、北野天満宮の「正しい」お参りの仕方を教えてくださいました。
そのお参りの仕方は、1.お賽銭を入れる、2.鈴を振る、3.鈴の近くにある鏡に自分の姿が映るまで後ろに下がる、4.2礼2拍手1礼、5.昔は蹲踞(そんきょ)したそうだが、このおじいさんは戦争で足を悪くされてて出来ないのもあって、その鏡に自分の姿を映したまま、膝をちょっと曲げ、更に1拍手するのだそう。
「それ以外のお参りをする人の事を、アッポー言います?」と京都弁でおじいさん。
鏡がある寺は全て、このお参りの仕方をするのが正しいのだそう。
皆さんも鏡を発見したら、この様にお参り下さい。
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 03:17 | アニマル
本当は、ここの6階の『茶寮都路里(つじり)』に行きたかったのだが、
物凄い行列が出来てたので断念。

b0021699_2322913.jpg
10階に在った『豆富』と云うお店で
昼食を取り、そのデザートの抹茶豆腐パンナコッタ(ババロアか?)を撮影。
ほんのちょっとしか無かったけど、
美味しかったです。
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 02:32 | グルメ
b0021699_223138.jpg
なんと、1個250円もする「きんとん」。
実は粒餡があまり好きじゃなかったり
するが、別に食べれないことはなく、
ペロリと2個食べちゃいました(笑)
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 02:25 | グルメ

金さん、銀さん

b0021699_1552538.jpg
金閣寺(鹿苑寺)です。
水面に映る金閣寺も綺麗でした。
とにかくペカペカしてて、眩しかった!


b0021699_1591982.jpg
銀閣寺(慈照寺)です。
手前の波打ってるのが、『銀沙灘』、
一見台形に見える山みたいなのが、『向月台』。
とにかく年季の入った建物でした。
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 02:06 | 景色
b0021699_1161970.jpg
友禅染体験が出来る、『丸益西村屋』で、Tシャツに絵付けをして来ました。
夏に着るからと、海豚(イルカだよ?ふぐは河豚だからね?(笑))をふんだんにちりばめました。
向かって右の袖(着たら左の袖ね?)にもさりげなく海豚が居ます♪
このTシャツを見た父は、「それ、鮫じゃん!」と言いました・・・。
そんなぁ~(T▽T)

b0021699_1164572.jpg
背中側の首のちょい下に絵付けした海豚です。
ほら、背中にワンポイントの絵が付いてるTシャツってたまにあるでしょ?それみたいに、ちょっと既製品ぽく作ってみました。
友人Mに、「何か、お店で売ってるやつっぽいよ?」と褒められ、ちょっと照れ気味(^、^*)ヾ
ちなみにMは、大好きな桜(彼女は4月生まれ)で絵付けしてました♪
来年の夏には、このTシャツを着るぞ!
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 01:17 | 面白い!
b0021699_0465591.jpg
和菓子職人体験が出来る、『よし廣』と云う和菓子屋さんで、和菓子作りを
体験して参りました。
左の柿はそれっぽく作れたのですが、右の桔梗が上手に作れず、
ちょっと悔しいです・・・。

春夏秋冬で体験する和菓子の種類が変わるそうですし、
職人体験セットをインターネットでも購入出来るそうなので、
興味の有る方は、『よし廣』で検索してみてねん?


b0021699_047765.jpg
これは既製品で、「虫の音」という菓名が付いてるらしい和菓子。
職人体験をした方全員に、この和菓子とお抹茶を頂きました。
薄紫と白い練りきり(もち米入りの餡子のことらしい)を、こし専用の竹篭(竹ザル?)でこして、きんとん状(このチリチリが「きんとん」です)にしたものを粒餡玉に付け、仕上げに虫に見立てた小豆を乗せるのだそう。
この薄紫色の練りきりは、夜を表現する時によく使われるらしい。
職人界では珍しいらしい女性の職人さんが、丁寧に教えてくれました
[PR]
# by myhana46 | 2004-10-16 01:00 | グルメ

護国神社のみたま祭り

b0021699_2561981.jpg
護国神社で、幻想的なライトをバックにパチリ☆
まぁ、なんて綺麗な横顔だこと(^^;)

b0021699_2563618.jpg
鳥居と灯篭
[PR]
# by myhana46 | 2004-09-30 02:58 | はなまる